qrcode.png
http://yoshiken-co.net/
スマートフォン版および
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセスできます。

 
033933
 

監督の日記

 

監督の日記

監督の日記
フォーム
 
マンションリノベーション工事 その1。
2020-09-15
こんにちは、よしむらです。
今年の夏もかなり暑かったですが、9月も中旬となると例年通りに涼しくなってきましたねー。
 
前回の更新でも少し触れましたが、
今月からマンションのリノベーション工事の現場を担当しております。
 
予定箇所の解体工事を終えたところで、着手前から怪しかった床レベルの調整を行いました。
どういうことかと言いますと、
コンクリート造の建物によくある現象なのですが
柱・梁に近い部分と、そこから最も離れた部分ではコンクリート床の高さが
微妙に違っている現象です。
柱・梁から離れているほどコンクリート床が自重でたわんでしまうのです。
今回はその高低差が、最大で30ミリ近くありました。
 
このままマンション用のフローリング材など貼ってしまうと、
その高低差が仕上がりにそのまま出てしまいます。
ビー玉を床に置いたら勝手に転がっていく…という現象が生じます。
 
これを解消するために、コンクリート床の上に「レベラー」と呼ばれる、調整材を打設します。
トロトロになったセメントペーストのようなものです。
水に近い粘性なので、打設すると自然と床の水平を作り出せるというスグレモノです。
 
職人さんは、専用の草履?を履いて施工します。
これならトロトロなセメントの上を容易に歩けます(歩きにくそうでしたが)。
 
現場はレベラー打設の翌日から内装の造作に入っています。
またUPします~。
 
 
 
<<吉村建設株式会社>> 〒730-0851 広島県広島市中区榎町4番21-401号 TEL:082-232-6361 FAX:082-292-9599