qrcode.png
http://yoshiken-co.net/
スマートフォン版および
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセスできます。

 
025887
 

監督の日記

 

監督の日記

監督の日記
フォーム
 
車寄せインターロッキング敷き
2012-05-23

大谷です。


  インターロッキングブロックを知っておられますか?


歩道とか公共スペースの舗装に使われています 見た目というか景観がいいですね。


ある公共建築物の車寄せ(玄関口の車乗入れのスペース)の改修を連休明けより施工していました。


宅配便さんのトラックなどがここで荷降ろしなどのため使用し、 出発するときのタイヤのよじれとかで既存のレンガブロックがガタガタになっていました。


歩行者がつまずいたり、 歩けばカタカタ動くし 危険でした。 


既存のレンガを撤去後、 路盤を強くしてずれ防止のプラスチックを使用して同じ方向に張る馬張りでなく、 縦・横に張っていくあじろ張りで施工しました。 この張り方というか敷き並べの方がずれいくいのだそうです。


  これから先、 経過観察していこうと思っています。

 

 

  
  

 
現場にて
2012-05-19
今週は内窓について紹介。

今週、内窓を取り付ける現場があった。
掃出し4枚引違いサッシがついている箇所に内窓の取付。
既存の額縁が内窓を取り付けるには少し幅が足りない。
額縁の幅は75?は必要になる。現在は40?弱なので35?ほど付けたし後で塗装を行う。
まずは大工さんに内窓を取り付ける前に額縁を付け足してもらった。

今回取付する内窓は3枚建てで内1枚はFIX窓とし、後2枚を引違いとした。
サッシ屋さんが来てまず3方の枠を既存の額縁に取付する。
それが終われば今度はレールの取付け。
きっちり寸法取りしているのでぴったり合う、作業はスムーズに進んで行く。
枠とレールが付いてしまえば後はサッシをはめて微調整を行う。

同じ物が2箇所あったが朝8:30から作業にかかり11:00ぐらいまでには完了。

後日、朝8:30頃サッシを取り付けたお客さんに電話する事があり電話するとなんか寝起きっぽい。
その後伺うと「内窓を取り付けて外の音が聞こえないから寝過ごしてしまってなんか電話の対応おかしかったでしょ。」と笑って言われた。

やはり内窓を取り付けた事により外の音は聞こえなくなったみたいだ。
後は断熱の効果がどのような物か体感していただきこれも喜んでいただきたいと思っている。

やはり一つの仕事を終えてお客さんの笑顔を見るのは最高。
 
コーヒー
2012-05-12

私はコーヒーが好きでよく飲む。

昨日、リフォームを行ったお客さんの所による事があった。
キッチンのリフォームをさせていただいたお客さんだった。
対面キッチンの背面に棚などを造り付けた。
その棚にセンス良く小物が置かれていた。

そこに置いてあるエスプレッソを入れる物についてお客さんにこれはどのようにして使うかなど少し質問した。
お客さんがそれを実際使ってエスプレッソを入れてくださった。
私はなにか催促したみたいで恐縮だったが素直にいただいた。

実際エスプレッソ用の豆ではないと言っておられたがとてもおいしかった。
今度私も買ってきて楽しんでみようと思う。

弊社の仕事は終わったが、ご主人が夜な夜な仕事から帰られてから塗装作業をされているようだ。
いつごろ完成するかはわからないが、家造りを楽しんでおられるみたいだ。

完成したら写真を撮らせてもらう約束なのでまたHPで。

 

 
断熱浴槽
2012-05-10
今日は断熱浴槽の紹介。

今までユニットバス形式の断熱浴槽はありましたが、今回INAXから新しく在来浴槽の断熱タイプがでました。
サーモバスSという仕様で「お風呂のお湯が冷めにくい省エネ浴槽」とカタログには掲載されています。
約4時間たっても約−2.5℃しか下がらないそうなので入浴時間がことなる家族でもそんなに時間をきにせず入浴できます。

この商品を来週から始まるリフォーム工事で取付します。
今から暑い季節になるのでほんとに実感できるのは少し寒くなってからと思います。
INAXにはこちらからhttp://inax.lixil.co.jp/
施工状況はまたこのブログで紹介します。

しっかり施工して、お客様に喜んでもらえたらと思います。
 
スタート
2012-03-25
新しい現場がスタートした。

今回は、キッチンと玄関が主なリフォーム。
施主様とは念入りな打合せ数多く行ってきた物件だ。

まずは玄関廻りからの解体から行っていく。
現場で弊社大工と細部の納まりについて時間をかけ確認を行う。
1?単位での確認になる。
この確認作業を私は一番大事にしている。
施主様と話をしてきたのは私である。
その思いを大工に注入していく。

この現場も精一杯丁寧な仕事をしたいと思う。

<<吉村建設株式会社>> 〒730-0851 広島県広島市中区榎町4番21-401号 TEL:082-232-6361 FAX:082-292-9599