qrcode.png
http://yoshiken-co.net/
スマートフォン版および
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセスできます。

 
026774
 

監督の日記

 

監督の日記

監督の日記
フォーム
 
現場にて
2012-09-16
今回は、現在リフォーム中の現場で使用した竹炭をご紹介します。

竹炭とはその名の通り竹でできた炭のことです。
3〜5年物の孟宗竹を切り、まずは炭にする前にくん煙処理(煙でいぶす)を行い2〜3日放置します。
そしてさらに3ヶ月間自然乾燥を行うます。
この竹を800〜1,200度にもなる土窯に70時間いれて炭化させ、火が消えるまで約3日間見守り続け、窯の温度が下がったら窯取り出して完成となります。

竹炭は木炭より多孔質でこの多孔の断面が微妙なパイプを束ねたような構造になっているようなので、木炭を上回る不思議な力を発揮するみたいです。

主な効果としては、吸脱臭、マイナスイオン、消臭、調湿、天然ミネラルと様々あります。

今回のリフォームで使用した箇所は床下。
調湿効果と消臭効果それにシロアリや虫害などから家を守る効果もあるそうで使用する事にしました。
広島では護国神社にも使用されているそうです。

ひと袋約2kgぐらいの重さがあります。
敷き詰めればいいというわけではないみたいで、きちんと空気が流動するようある程度間隔をあけて敷いていきます。目安として1坪で20袋ぐらい使用します。

こういう様々な効果がある竹炭今回は床下に使用しましたが、室内に置いておくだけでもいいみたいです。

炭を真っ黒になり尚且つ汗だくになりながら敷いてくださった方々ありがとうございました。
また機会あれば宜しくお願いします。
 
ショールームにて
2012-09-08
昨日、お昼からお客さんと宇品にあるTOTOショールームに行った。

午後1時30分に予約しておいたので、お客さんを午後1時頃迎えに行き私の車で一緒に行った。
リフォーム計画中のお客さんでシステムキッチンとユニットバス、トイレに洗面化粧台と見て回る。
平面図を描いていたのでそれを持参し実際どのくらいの大きさの物なのか現物をみてもらいながら確認をしていく。
ご夫婦と娘さんの3人で来られていたがやはり色などは女性が主体となって決めいていく。旦那さんは確認だけ。
さすがに4点もの機器を決めていくのは時間がかかる。
結局閉店の午後5時まで滞在していた。

お客さんも最後の方は少々お疲れ気味だった。
実際私も疲れた。ショールームの接客していただいたアドバイザーさんはもっと疲れたにちがいない。
アドバイザーさんも色々なお客さんを相手にしなくてはいけないので楽ではないなと思った。
それでも商品を丁寧に説明してくださって、お客さんも満足しておられた。
感謝です。

私もお客さんを満足させられるよう現場でがんばろう。



 
耐震改修セミナー
2012-09-02
昨日、広島建築快適住創講座の耐震改修セミナーを行った。

お客は約10組程度の来場だった。

耐震改工事の運びとしては、まずは診断を行い計画する。
これが大事。
それで予算、工法などを検討し実行する。

私も昨日は耐震改修とは実際現場でどのような作業を行うか発表させていただいた。
人前で話す事というのはどうも苦手である。
きちんと来ていた皆さんに伝わっていればいいなと思いながら話しをしていた。

時間も予定通り終わりとりあえずほっとしている。

本日は収納をテーマにしたセミナーが開催される。
すでに予約で10組程度は来場予定になっている。

今日は私の出番はないが、他のメンバーも頑張っているのでぜひ聞きにきてください。
宜しくお願いします。



 
セミナー
2012-08-24
来週の9月1日(土)と2日(日)に広島建築改修研究会主催のセミナーを開催します。

土曜日は耐震セミナーを行う予定になっています。
その時私は10分ぐらいではあるが耐震工事とはどのような作業を行っていくか発表する予定です。
資料は事前に作って、先週会の皆が集まってロープレも行いました。
予定では12〜13分くらいの内容で作ったつもりが、10分も話せずどうも少し早口になっているようでした。
少し修正箇所などの指摘も出たのでそこを修正し本番に望むつもりです。

日頃は現場担当なので、人前でしゃべる事はどちらかと言えば不得意な部類になります。
しっかり練習してがんばります。

宇品にあるTDYショールームにて土曜日の朝10:30〜からセミナーは始まりますので、ご都合の付く方は来てみてください。
耐震改修工事とはどんなものかよく解ると思います。
お待ちしています。
 
現場にて
2012-08-10
明日から弊社も盆休みに入る。

現在進行中の現場も一時休憩となる。
明日から15日まで計5日間現場を空けることになる為、夕方現場周辺の清掃と仮設養生シートの確認など行う。

今日は朝から2階の柱入れ替えや2階床下の梁の加工などを大工さんが行っていた。
この暑さの上に四方は養生シートに囲まれていてまるでサウナだ。
日頃休憩は10時と15時にするが、水分補給など兼ねて1時間に1回程度は休憩してもらうことにしている。
熱中症などになったら大変である。

今の現場がスタートして1ヶ月と少し過ぎたが大工さんの疲労もかなり溜まっていると思う。
この盆休みがいい休養になって休み明けにはまたバリバリ仕事をしてもらいたい。

大工さんしっかり体を休めてください。
<<吉村建設株式会社>> 〒730-0851 広島県広島市中区榎町4番21-401号 TEL:082-232-6361 FAX:082-292-9599