qrcode.png
http://yoshiken-co.net/
スマートフォン版および
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセスできます。

 
022749
 

監督の日記

 

監督の日記

監督の日記
フォーム
 
現場にて
2012-07-07
今週の初めに降った大雨で雨漏りしたビルに調査に出向いた。

その建物は4階建てのビルで5階が屋上になっている。
4階の住人さんの所へ行きどの箇所から漏ってきたかを聞き調査を始めた。
建物は鉄骨造で外壁にはALCが張ってある。
漏った箇所は壁際でちょうど鉄骨梁が通っている辺りだった。
部屋の窓から外を見てみるが亀裂などは見当たらない。ALCのジョイントコーキングを見ても十分とは言えないがまだしっかり役目ははたしていた。

次に屋上に上がってみた。
すぐにここだと思われる場所があった。
屋上の土間はウレタン防水が行われていたが、外壁との取り合い部分が漏った箇所の真上で大きく切れていた。
少々の雨では水勾配が反対側にとってあるのでそこまでひどく漏らないと思うが、今週のは1時間で70?と相当な量で排水能力を大幅に超えていたと思われる。
きっとプールみたいになったに違いない。
そうなった時に防水が切れていたりすると当然下の階に水が漏る事にはなる。

早速写真を撮り、下階に住んでおられる住人さんに撮った写真を見せながら説明をした。
防水補修作業を行い早く漏らないようにしてあげたいと思う。

今回は運良くここがという原因が特定できたのでよかった。




 
蒸し暑い日が続きます
2012-06-30

大谷です


  今週の作業は月曜日しょっぱなに改修する家のタタミを十枚ばかし2階から持って降りて畳屋さんのトラックに乗せました。


畳屋さんと競争のように (相手はそうは思ってない)運んだのですが、 このためこの一週間、 身体がしんどかったです。  人一倍汗をかくのも原因かなと考えますが・・・ 一晩寝ればあくる日は大丈夫という訳にはいかなくなりました。


 昔のように4階にある我が吉建の事務所に駆け足で上がる事ももうできません。


 
 愚痴ってばかりではいけません。  雨が降り蒸し暑く、 晴れれば夏日になるようなこの時期 出来る限り一生懸命 仕事をするぞ ト思っています。


早く帰って 風呂に入りたい。
  


 


 

 
チョッとした修繕
2012-06-22

大谷です。


  最近、 「チョッとした仕事なんだけどいい?お願い。」という修繕工事が続いています。


小さい仕事 大きい仕事に関係なく声をかけてもらい私としては、いや、会社としても嬉しい限りです。


勝手口ドアの鍵の取替え(2軒続けてありました)と 玄関外部巾木のタイルの張替え ちょっと古い流し台の開き戸の取っ手の取替え(これは同じ物が無いのでホームセンターをはしごしたり、メーカーのカタログを見たりしてそれに近いのを探しますがなかなか有りません。 最後は2・3それらしいのを揃えて決めてもらいまいました。)  


網戸の動きが固いので戸車を替えたり、 道具でそのアルミ枠を削ったりして直します。


チョロチョロと便器の水が流れっぱなしなのでタンクの中のボールタップという部品の取替えとか 浴室内部のコーキングの打替えなども。


自分でやったり、 専門の協力業者の職人さんに頼んだりします。


作業を終えて、「ありがとう。」と言われるとチョッとした仕事でも、


『良し、喜んでもらえた。』 と嬉しくなります。

 

 

 

 
境内の土 雨降り後
2012-06-15

大谷です。


今月始めの日記で境内の一部を  トース土工法で施工したと書き込みまをしました。  その後の報告をいたします。


一週間前の金曜日 雨が降りましたので、 土曜日の朝 確認に行ってきました。 


実際に見るまでは少し不安でしたが、 杞憂でした。


施工した場所は水溜まりが無く、 わだちもありません。  既存の土部分とはまったく違っています。


「これは良い」と、 関心しました。


写真を見比べて下さい。 全然違うのがお分かりでしょう。


施工させて頂いた甲斐があったと自分は思っています。


 

 

 

 

 
現場にて
2012-06-09
先日、お客さんに「天井に健康器具をつけたいのだが」というご相談があり早速現場へ向かった。

現場はマンションで健康器具を取り付けたい天井は、クロス仕上げの石膏ボード張りだった。

これなら下地を探して取り付ければ大丈夫と思い、お客さんにはその説明をし、後日取り付ける事になった。

昨日、実際に取付けに行ったのだが、天井の下地が器具を取付したい所にちょうどなく下地の間隔も遠い。
その事はある程度想定し、補強用の化粧材約1mぐらいの物を持参していた。
化粧材をしっかり天井下地に固定し、器具はお客さんが言われている位置に無事取り付ける事ができた。

ちょっとの事であるが、補強用の板も持ってきていなかったら会社まで取りに帰らなくてはいけない。
時間も掛かるし、なによりお客さんに迷惑もかかる。

改めて事前準備の大切さを再確認した。


<<吉村建設株式会社>> 〒730-0851 広島県広島市中区榎町4番21-401号 TEL:082-232-6361 FAX:082-292-9599